コンチハ!三屋です

こちらに転居しました。

2016.03.12

3月11日に思う

5年目の3月11日
5年前の3月11日はミーティングで事務所にいた。
テレビに映る現実のものと思えない光景と目の前のギッシリと人で埋まった道路にザラザラしたものが心に広がっていた。
何かしなければという思いで仲間を募って新宿駅で募金活動をし、また現地で何かできないかと思っていたが思うより行ってしまおうと、バレーボール関係のネットワークをたどって避難所になっている高校の体育館の訪問をしたのが4月だった。
初めて行った時の気仙沼はうずたかく積まれたガレキの山とテレビでは分からなかった激しい悪臭にアゼンとし、陸前高田の何もかもが流された光景に言葉を失い、車のナビ通りに行ったら峠越えになりあやうく遭難しかけた雪の大槌など、いろんな思いが頭をよぎる。
それでも避難所や仮設住宅で非難されている方々の明るい笑顔に触れ、また帰る家があることに罪悪感を感じ泣きながら帰路についたこともある。
この活動は今も形を変えながら現地の方々との交流は続いているが、避難されている方々の健康状態が本当に心配だ。
かつて漁業や農業をしていた人たちが動かなくなって生活習慣病が確実に増えているし、高齢者の方々の認知症も増えている。
だから今年も頑張って時間を作って行くことにしようと思っている。

今年は現地に行くことができなかったので、いつも一緒に行ってくれているマリさん、シゲちゃん、N中、そしてK子とH子も一緒に隣の笹寺で本尊様に手を合わせてきた。
亡くなった方々のご冥福と一日も早い復興を心から祈って・・・

2016.03.08

名探偵コナン

今日は本当に春らしいお天気
ホッとするわぁ~(花粉は別として)

日曜日鳥取県北栄町という所に行ってきた。
どうも名探偵コナンに会える町というらしい。
作者の青山剛昌さんの生まれた町だそうで、いたるところにコナンがいた。

そこの隣町に偶然にも大学時代の同期が住んでいて、会いに来てくれた。
大学時代はいい言葉でいえば「エネルギッシュ」違う言い方すれば「破天荒」だったが、いつも間にか県立高校の教頭先生になっていて、大学時代には全く予想できなかった人生を歩いている。
例え名探偵コナンでも解き明かすことはできなかっただろう謎のような人生だ。
なんだか県立高校の教頭先生のイメージって「融通の利かない保守的なタイプ」だったけれど、(まっこれもテレビの影響がおおきいんだろうけどね)彼女が教頭先生になっているということを考えると、ちょっと変わったやつでも教頭先生になれるんだ(わるい、わるい)って思ってしまった。
そう言っている私も大学時代に描いていた人生とは少し違っているけどね。

今年は4年に一度のロサンゼルス・オリンピックの同窓会がある。
また筑波大学の同期会もある。
そうやって30年以上前の自分を思い出す年に今年はなるんだろうね。

2016.03.04

シンプルに考える

やっと少し暖かくなって、春らしい柔らかな日差しにホッと心が和む。
しかし昨日はひな祭りだったのね。
なんだかあっちこっち行っているうちにスルッと過ぎた感じ。
そういえば・・・な~んて思うこともなく、過ぎてから思い出した。
クリスマスもフツーに過ごし、大晦日もいつもと同じように寝てしまったし、お正月もなんとなくだったし、こうやって昔はいちいちイベント事にしていたのが、通常通りに過ごすようになってきているっていうのはなんだろね。

昨日はPLNで元宮城県知事の浅野史郎先生がゲストスピーカー。
紆余曲折があった人生で、ATLというかなり致死率の高い白血病を克服されたのだが、そんな中でも先生曰く「根拠のない自信」で絶対に治ると思っていらっしゃったという。
全てにおいてシンプルかつ真っすぐな考え方にとても感動した。

私もいざという時にこそ、シンプルにものを見てその本質だけを捉えられるようになりたい。

2016.02.29

改めて

日曜日、東京マラソンで都内の道路がかなり封鎖され、焦りまくって東京駅に行く。
山梨県南部町という所に行ったのだが、東海道新幹線で新富士下車、その後お迎えの車で一時間の所だった。
山に囲まれ、富士川に沿って町が形成されているなんだかふるさとの勝山に雰囲気のよく似た穏やかな町だった。
町長をはじめ皆さん方も町の雰囲気と同じような穏やかでいい方々だった。
滞在時間は短いものだったが、なんだか心がほっこりするようないい出会いになった。
毎週いろいろな所に出かけて、いろいろな人達との出会いがある。
その中でも心に残る出会いもあれば、ずっと長いお付き合いになる出会いもある。
この先どれくらいの人たちと出会っていくのか分からないが、せめて私自身がまた会ってみたいと思ってもらえる人にならないといけないと改めて心に刻む。
明日から3月・・・
年度末に向けて、心新たに思う

2016.02.27

このところの私

今週は苦手な夜遅くなる・・・というパターンの生活で疲れたぁ~
それに、パーティ + 立食 + 一人 = 食べることができない
というへたれな部分が全部出てしまうシチュエーションがそこに3連続で覆いかぶさり、ヘビーに疲れた週となった。
幸い金曜日だけが名古屋で後は東京だったので移動が少ないだけちょっとマシ?って感じかな。

先日ある方が、
「時間に追われる生活はいけない。特に時計に支配されると創造力を失う」
と言われていて、
「確かに常に時計を意識して生活しているよなぁ」
と納得しながら聞いていたが、まさにこのところの私の状態だ。
ちょっと落ち着いたら(いつ落ち着くんだよ!(`´))時計を気にしないで過ごす一日を作ってみたい・・・

三屋の素顔

三屋裕子のプロフィール

ページトップへ